title

リサイクルトナーができるまで

 使用済みカートリッジがお客様の手元を離れ、リサイクル工場に集まってきます。
 全国各地から送られた使用済みカートリッジは、工場全体で、毎日、何千本という数になります。  この中の、多くが新たにリサイクルトナーとして再生産されます。 再生できないカートリッジも、別の方法(建築材や熱エネルギーなど)として利用されますので、是非カートリッジ回収に協力しましょう♪
 それでは、集められたカートリッジから、リサイクルトナーに変わっていく様子をご紹介していきます。


 ■ 回 収

@ カートリッジを受け入れ受け入れます。

 集まったカートリッジは、種類ごとに分類されます。
 ここで、注意したいことが・・・というよりも、ご協力のお願いです。
 それぞれのリサイクル業者に使用済みトナーを送る際は、梱包している箱に大きく『使用済み』と書きましょう。もし不具合があったため、返却する場合は『不具合品』と書いてから送りましょう。記載がありませんと使用済みトナーとして処理されてしまう場合が業者によってありますし、何よりも、この一手間でより手早く選別することが可能となり、リサイクルトナーをより早く丁寧に作る時間に回せますので・・・よろしくお願いします。

A カートリッジを選別します

 送られてきたカートリッジをひとつひとつ開封していき、リサイクル可能なカートリッジか、 それとも不可能なカートリッジなのかを、チェックしていきます。
 すべて目視による厳密なチェックが行われ、リサイクル可能なものはメーカー別、種類別に選別されていきます。
 残念ながらリサイクルが不可能なカートリッジも、二次資源として利用するために、まとめておきます。
 この工程で、チェックを通過したカートリッジのみが、再生の工程へと移っていきます。

B カートリッジの情報登録

 厳しいチェックで、リサイクル可能と判断されたカートリッジは、 カートリッジ個別の情報をデータとしてパソコンに入力していきます。そうすると、登録されたカートリッジのリアルタイムの状況が工場内で全て把握できるようになるのです。 つまり、お客様からのご注文状況に合わせて、特定のカートリッジの生産台数を増やしたりといった調整をしたり、過剰にリサイクルが完了した在庫を持たないようにするためにも、 この工程はかかせません。トナーにも消費期限があるんだそうです。

 ここで、リサイクル可能と判断されて個別情報の登録が済んだトナーカートリッジは、いよいよ技術者の手により、リサイクルの工程へと進んでいきます。
 ここからは、熟練された技術者が、細心の注意を払って、ひとつひとつのカートリッジを再生にとりかかっていきます。再生の工程は、カートリッジによって多少違ってきますが、ここでは基本的な分解・組み立て方法を紹介していきます♪

 ■ 分解から再生まで

@

 まず最初にサイドのピンを外します。

A

 次に、トナーボックス側と廃トナーボックス側とで二つに分けます。通常、手前にある部品はドラムと呼ばれるもので廃トナーボックス側にあります。そして奥にあるのが帯電ローラーでトナーボックス側になります。トナーボックス側にある帯電ローラーやブレードを取り出します。

B

 廃トナーボックス側にあるドラムを取り出します。取り出した時点ではトナーが付着して汚れているので、取り出したドラムと帯電ローラー、ブレードを洗浄します。

C

 付着したトナー成分をエアーを利用して浮かせ、乾燥した布で拭き取り、最後にアルコールで洗浄します。

D

 ワイパーブレードを取り外し、洗浄します。帯電ローラーとワイパーブレードを一時置いておき、分解の作業を進めます。同様に取り外した廃トナーボックスを洗浄します。強度を高めるために内部がクロスされた構造になっています。

E

 トナーボックス側のドクターブレードを取り外します。洗浄したトナーボックスにトナーを詰めます。

F

 廃トナーボックス側のワイパーブレードをはめて、転写ローラーをつけます。

G

 ドラムをつけた後、トナーボックス側のドクターブレードと帯電ローラーを取り付け、カバーを取り付けます。

H

 トナーボックスと廃トナーボックスを一つに繋げ、サイドのピンを打ち込むと、リサイクルトナーが完成します。

 ■ 検 品

 まず最初に、再生されたトナーのほとんどが出荷の前にプリンタにセットして印字テストを行われます。 もちろん、このテストが最終チェックポイントとなっており、様々なプリンタでチェックします。
 モノクロのトナーと同様に、カラーのトナーも製品化終了後に、印字テストを行います。モノクロに比べ、カラートナーは、単色印刷だけでなく、他の色との兼ね合いも大変重要になってくるので、慎重に検品をしていきます。この印字テストを通過しないと、リサイクルトナーとして出荷できません。
 印字テストに合格したカートリッジは、 検査終了のデータが入力されて、ようやくサイクルトナーとして私たちの手元に 届けられる状況になります。
 カートリッジは、一旦、在庫として保管されます。その後、注文が入り次第、工場ではカートリッジの梱包作業へと移っていくのですが、 その際に、この過程の印字テストで印刷された印字サンプルを同梱して、私たちの手元に届くようにしている企業がほとんどです。

 ■ 梱 包

 印字テストをクリアしたリサイクルトナーは、在庫として保管されます。
 カートリッジはとてもデリケートな商品なので、最適な温度と湿度に保たれた倉庫で保管されています。ただ、最適下で保管していても、保管期間が長すぎると劣化が発生する場合があります。その為、一定の期間を過ぎた在庫商品は再度、生産工程にまわされ、常に新しい状態で保たれるようにそれぞれの工場でしっかり管理されています。

 ■ 出 荷

 注文が入り次第、工場はリサイクルトナーの出荷工程に入ります。
 トナーカートリッジは、どうしても衝撃に弱いので、梱包作業は厳重に、そして丁寧に行われます。また、トナーカートリッジを包む緩衝材は厚い素材の物を利用し、全国のお客様にお届けするにあたり、できるだけ輸送中の衝撃に耐えられるような工夫をしています。 全ては、トナーを最善の状態で私たちの手元にお届けするために必要な作業なのです。
 企業によっては、リサイクルトナーをお届けする際に、いくつかの書類をトナーと一緒に届けています。
 企業によってことなりますが、基本的にはお届けするリサイクルトナーで印刷した印字サンプル。そして、使用済みトナー回収の方法を詳しくお知らせする書類。回収の際に、ご利用いただくための着払い伝票。(回収のご依頼は近くの配送業者に連絡をして引き取りに来てもらいましょう)万が一不具合が起きた際に、記入していただく報告用の書類。お届けした書類に関して不明点があった場合は、工場に問い合わせましょう。
 最後に、厳重に梱包されたリサイクルトナーと、 書類をダンボールに入れて、封を閉じ梱包作業の完了です。梱包用のダンボールも、工場によっては再生紙を利用した段ボールを使用しているんだそうです。環境にも優しくていいですね^^。

 そうして、厳重に梱包されたトナーは、指定された住所宛ての配送伝票がそれぞれ貼られていきます。
 伝票を貼り終えた段階で、集荷のドライバーさんが来るまでの間、丁寧に重ねて並べられます。衝撃に弱いデリケートなトナーですので、もちろん作業は慎重に行われます。
 配送ミスがないように、お届け先やお客さんの名前を確認をしてから、工場は配送ドライバーさんに配達の依頼をします。
 そして、私たちの元にリサイクルトナーが届けられます♪

〜 Break Time 〜

 トナーカートリッジのリサイクルを進めていく中で、使用限界がきてどうしても不要となり捨てるものが出てきます。
 リサイクルトナーを扱う工場のほとんどが、最終処分業者と提携し、トナーカートリッジの再資源化を構築し、最後まで無駄のないリサイクルシステムを進めています。
 リサイクルトナーを作るときに出てきた、廃棄物はこの後どうなるのかというと・・・それぞれ、廃プラスチック・廃カーボン(トナー)と金属屑に分別されます。
 廃プラスチック・廃カーボン(トナー)は溶解処理を施され、燃料・再生資材として再利用されます。
 また、金属屑も再資源化されて、再利用されます。その為、ほとんど廃棄物がでないんだそうです。

pickup

医師アルバイト

最終更新日:2019/1/30

Copyright / 環境に優しいリサイクルトナー All Rights Reserved.